グランドサークルへの旅 レンタカーでアッパーアンテロープキャニオンに行ってきた

世界の絶景ポイントとして良く紹介されている海外旅行で人気のアッパーアンテロープキャニオンに、ツアーなしでレンタカーで自分で行ってきました

初めにこちらのページへ来た方は、このページの前に下記リンク先の記事を読むと色々と参考になると思います。

現地ツアーは三社のうちどれかを選択  私は「Adventurous Antelope Canyon」

スポンサーリンク

 

前の記事を読んで頂けると分かりますが、アッパーアンテロープキャニオンについては3つのツアー会社(上のMAPの赤印)のどれかで予約をします。

たぶんこのツアー会社のボスは同じなんだと思います。

私が予約したのは、上のマップで東側にある「Adventurous Antelope Canyon」。

現地に一番近いように感じたのですが、一番近いのは隣の「Antelope Canyon Navajo Tours」でした。

前の記事で書きましたが、ペイジの中心部にある「Antelope Canyon Tours」で予約するのが一番お勧めです。

Adventurous Antelope Canyon

駐車場にレンタカーを止め奥に行きます。

いかにも手書き感が出ているOFFICEという文字。

OFFICE
OFFICE

到着したら受付けする

予約時には支払いをせず、当日受付で支払いをします。

予約時にもカード情報を入力しましたが料金は発生してません。

キャンセル手続きをせずに当日行かなかった場合など、キャンセル料金が発生してクレジットカードで決済されるようです。

良く覚えていませんが現地でもクレジットカード決済のみの対応だった気がします。(違うかも)

 

簡単な説明がありました。

  1. 大きなバッグはダメよ
  2. 水を持った方がいいよ
  3. カメラはいいけど三脚ダメよ(三脚は別予約)

こんな感じだったと思います。

 

時間まで待ちます。

待ち時間の間に記念撮影。

UPPER_ANTELOPE_CANYONのジープ.jpg
記念撮影

いよいよ洞窟へ出発

予約した予定時刻から1時間以上待たされることもあるとの情報がありましたが時間通りでした。

受付時に番号を言われるのですが、その番号で呼ばれると8人くらいのグループになりました。

担当のガイドが一人付いて、四駆に乗りこみます。

並んだ乗りこむジープ

 

NaironMan

車に乗る前にガイドにいろいろ説明されたが

何を言ってるか全く分からなかったな

 

出発するとそのまま奥へ行くのかと思ったら、来た道路に出ました。

そして別のツアー会社「Antelope Canyon Navajo Tours」の中へ入りました。

WELCOME UPPER ANTELOPE CANYONの看板
ウェルカム看板

アッパーアンテロープキャニオンへの入り口はここにあるようです。

ここで予約すると一番近いですね。

 

悪路を激しい運転でぐいぐい行きます。

入り口までの道のり
入り口までの道のり

 

サービスのつもりなのか、わざと凸凹の道を走ったりしてました。

 

それぞれのツアー会社からたくさんの車が。

出発から10分くらいだったと思いますが、洞窟の入口近くに到着しました。

何台も車が止まってます。

キャニオン入り口到着

洞窟の前
入り口

これがアッパーアンテロープキャニオンの入り口です。

スポンサーリンク

別ページへ続きます

画像をあまり縮小せずに載せてありページが重いため、中の様子は別の記事にまとめました。

ローワーについての記事も作成中です。

アメリカ旅行の関連記事をどうぞ

アメリカ旅行「計画」と「実行」の記事は参考になると思いますので記事の一覧をどうぞ。