グランドサークルへの旅 レンタカーでロウワーアンテロープキャニオンに行ってきた

IMG_20180710_142050717.jpg

世界の絶景ポイントとして良く紹介されている海外旅行で人気のローワーアンテロープキャニオンに、ツアーなしでレンタカーで自分で行ってきました

初めにこちらのページへ来た方は、このページの前に下記リンク先の記事を読むと色々と参考になると思います。

画像についてのお願い

このページの画像は私個人で所有している画像ですので、無断使用はご遠慮願います。

ダウンロードしてブログなどに貼り付ける場合などは、画像提供元としてこのページへのリンクを貼るようお願い致します

その際には出来るだけコメント欄に一言連絡お願いします。

スポンサーリンク

現地ツアーは二社のうちどちらかを選択  私は「Ken’s Tours」

 

前の記事を読んで頂けると分かりますが、ローワーアンテロープキャニオンについては2つのツアー会社(上のMAPの紫印)のどちらかで予約をします

ちなみに、アッパーは赤印の3社から選択します。

たぶんこれらのツアー会社のボスは同じなんだと思います。

 

私が予約したローワーは、「Ken’s Tours」です。

ツアー予約のKen's Tours
Ken’s Tours

もう一つのツアー会社はすぐ隣にある「Dixie Ellis’ Lower Antelope Canyon Tours」ですが、どちらも変わりませんので予約が空いていた方で取れば良いと思います。

Dixie Ellis’ Lower Antelope Canyon Tours看板
Dixie Ellis’ Lower Antelope Canyon Tours看板

これらの2社は建物がすぐ隣で、歩いて行けるくらいの距離にあります。

アッパーと違い2社とも建物が奇麗でした

受付けで支払いに注意

当日はツアー会社の場所へ直接レンタカーで向かいました。

 

無料の駐車場にレンタカーを停めて受付けに行きます。

 

同じ日ここに来る前にアッパーアンテロープキャニオンに行っていたので、ナバホ居留地入場許可料金$8は払わなくてすみます

アッパーアンテロープキャニオンのレシートを見せる必要があります。

 

NaironMan

忘れてた…。

オーマイガー

 

面倒でしたが観光が終わってからレジをやり直してもらい、$8返って来たので良かったです。

Ken’s Toursの紹介

Ken's Toursの外観
Ken’s Toursの外観
Ken's Toursの外観
Ken’s Tours
Ken's Toursの外観
Ken’s Tours

 

アッパーと違い、トイレも奇麗です。

ケンズツアーのトイレの外観
トイレの外観

しかしトイレは水が出ませんでした。

泡だけで手を洗い紙で拭きます。

ちょっと驚きましたね。

トイレの様子 水がない

建物内には売店があります。

売店の店内
店内

7月の猛暑にアイスの販売はありがたいです。

飲み物も購入出来ます。

猛暑にありがたいアイスの販売
猛暑にありがたいアイス

売店の写真

売店の額の写真
額の写真

7月の観光でしたが、乾燥が激しくここでリップクリームを購入しました。

日焼け止めとリップクリーム
日焼け止めとリップクリーム
NaironMan

唇がカッサカサで割れてたな

アッパーと違いこの建物内で待つことができるので、呼ばれるまで涼しく過ごせます。

いよいよローワーの洞窟内へ出発

予約した予定時刻から1時間以上待たされることもあるとの情報がありましたがこちらでも時間通りでした。

ガイド1人に付き6人くらいのグループでした。

アッパーはどこで予約しても四駆車で移動しますが、ローワーについては2社とも現地のそばにあるので徒歩で向かいます

アッパーアンテロープキャニオンのジープ移動
こちらはアッパーアンテロープキャニオン

NaironMan

ツアー会社から歩いてすぐのところに入り口がある

 

バックNG、お水OKなどはアッパーと同じです。

それほど長くかからずに戻って来れます。

出発からは20分もかからなかったと思うのですが。

出発の時はお水を持つ必要はないと思います。

徒歩で出発
いよいよ出発

いい景色だ。

徒歩で向かう途中の景色

いやー良い眺め!!??

徒歩で向かう途中の景色

 

やはり、サンダルで歩く人は誰もいませんでした。

サンダルでの入場は拒否されるというのは本当かもしれません。

ガイドのお兄さん

このようなところを歩いてすぐに入り口があります。

ローワーの入り口
入り口

何かをチェックしていますね。

チェックされてる何を見てるの?
何を見てるの?

LOWERは下を意味する言葉ですが、その通り地下にあります。

階段で下に降りて行きます。

以前はこの階段がなく、簡単に観光できる場所じゃなかったそうです。

入り口の階段
入ります
スポンサーリンク

別ページへ続きます

画像をあまり縮小せずに載せてありページが重いため、中の様子は別の記事にまとめました。

 

アメリカ旅行の関連記事をどうぞ

アメリカ旅行「計画」と「実行」の記事は参考になると思いますので記事の一覧をどうぞ。