ラスベガス~アンテロープキャニオン~ホースシューベンド~モニュメントバレー~グランドキャニオン~セドナ~ロサンゼルス 絶対役に立つ観光のオススメプラン

グランドキャニオン
グランドキャニオン

どのように観光して周るのが良いのか、きっと参考になると思います。

全く同じではなくても自分なりのプランを見つけられると思いますので是非参考にして下さい。

その他、ためになるアメリカ旅行計画と実行に関する記事の一覧はこちら

スポンサーリンク

ツアーではなくレンタカーで行くのがオススメ

ラスベガスでレンタカーを借りてグランドキャニオン周辺へ行くのが、自由度も高くとてもオススメです

グランドキャニオン~アンテロープキャニオン~モニュメントバレー~ホースシューベンドの観光はラスベガス発で多くのツアーが出ていますが、値段も高いです。

大人1人あたり日帰りで3万円以上、1泊2日で3.5万~6万、2泊3日で8万円以上かかります。

運転しなくて良いとは言え、バスで長距離もかなりしんどいですよね。

日帰りツアーなんて1日ほとんど車に乗ってる感じです。

休憩も自分のタイミングで取れないし、自由時間も少ないし、

自分でレンタカーで行く方が絶対に楽だと思います

 

グランドキャニオンナショナルパーク空港という小さな空港が近くにありますが、ここではレンタカーを借りることができません。

少しでも運転時間を減らしたいなら、フラッグスタッフ・パリアム空港でレンタカーを借りるのが良いと思います。

ですが、ロスやラスベガスからここまでの直行便がないため無駄に時間とお金がかかります。

ロサンゼルス国際空港→フェニックススカイハーバー国際空港→フラッグスタッフ・パリアム空港という感じです。

日本からフラッグスタッフ空港まで行くには2回の乗り継ぎで20時間以上かかってしまいます。

 

ラスベガスは思った以上に観光が楽しめました。(カジノはやってませんよ)

ラスベガスを一日観光し、次の日の朝からグランドサークルをレンタカーで周るのがとてもオススメです

 

左ハンドル右車線が不安かもしれませんが、アメリカの道路はとても走りやすいです

このあたりは特にほとんど1本道で信号も無く、ひたすら直進で日本の高速道路よりも楽です。

時速120kmくらいでひたすらまっすぐ走っていました。(速度オーバーですが…)

アリゾナの道路

こんな感じの田舎道で車もかなり少なく、ひたすらまっすぐ走ります。

ウインカーを出そうとしたらワイパーが動いたことが何度かありましたが(笑)

左ハンドルはすぐ慣れますが、右車線は注意して走ります。

 

レンタカーを借りるには、数社から比較して最安値の検索をしてくれるこのサイトがとても優秀です。

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約


 

それでも不安であればラスベガス発のツアーに参加するしかありません。

スポンサーリンク

ロス~グランドサークル観光 全体のプラン紹介

マップの画像を見ながらだとイメージが湧くと思います。

このマップは私が実際に通ってないルートも含まれますが、主に車移動に使われるルートです。

私が実際に行った時の8泊10日観光プランはこちら

プランmap.png
クリックで拡大

このマップのさらに北の方にブライスキャニオンがあります。(私は行ってません)

私が実際に行った全日程の詳しい観光プランはこちらで紹介しています。

 

簡単にこのプランを説明します。

 

日本からはロサンゼルスに到着。

1日目に乗り継ぎでラスベガスまで行きそこで2泊。

1.5日間くらいしか観光できていないが十分だと思う。

ラスベガスでゆっくりショッピングをしたり観光スポットを周りたい方はもう一日あっても良いかもしれない。

 

3日目の朝からレンタカーを借り、ホースシューベンドとモニュメントバレーを観光してからPageという町に宿泊。

Horseshoe Bend.jpg
ホースシューベンド

4日目そこからアンテロープキャニオンはすぐ近くで、アッパーアンテロープキャニオンとローワーアンテロープキャニオンどちらも見る。

それからグランドキャニオン国立公園に行き、夕日を見る。

(連れの体調不良で夕日を逃しました…涙)

 

グランドキャニオン国立公園内のロッジに宿泊し、5日目の朝から、グランドキャニオンのサンセット(朝日)を見る。

オススメのビューポイントを見て周ったら国立公園を出る。

フェニックススカイハーバー国際空港へ向かうが、セドナを通るルートで行く。

セドナへ行き、世界一と言われるボルテックス・パワースポットに行く。(連れの体調不良で行けませんでしたが…涙)

フェニックススカイハーバー国際空港へレンタカーを返却し、(借りた場所でなくても返却できる)

空港近くのホテルに宿泊。

 

6日目の朝、飛行機でロサンゼルスへ。

6日目から8日目まで2.5日間、ロサンゼルスを観光。

9日目の朝ロサンゼルスを発ち、10日目の午後日本に到着。

 

ラスベガスをもっと観光したいのか、ロサンゼルスの観光はいらないのか、人それぞれですが、ツアーでなく自分でプランを考えれば思い通りの観光ができます。

 

飛行機とホテルの予約はほぼエクスペディアを使いましたが、日本語で予約できるので英語ができなくても困りません。

グランドキャニオン国立公園内のロッジだけは英語のホームページから直接予約しましたが、とても簡単です。(私は全く英語が分かりません。)

オススメの6泊8日プラン

行って感じた事を元に少し縮小したプランを考えました。

私の8泊10日プランは結構ハードです。

朝早く起き(6時~7時とか)、ホテルに帰るのが夜9時過ぎていたりしました。

もう少し時間にゆとりを持たないと女性にはきついかもしれません。

プランmap2.png

モニュメントバレーとセドナをやめたプランです。

行って感じたのは、グランドキャニオンがとてもすごい!!

それ以外は似た感じのものばかりで、何か所も行っても感動が薄れます。

7大ボルテックス制覇!!とか、時間がもったいないですね。

Monument Valley.jpg
モニュメントバレー

モニュメントバレーに向かう途中、何回同じような偽モニュメントバレーを見たか分かりません…(笑)

着くころにはもういいかなって感じになりました…。

まぁ、見れたときは嬉しいんですが。

モニュメントバレーは、Pageからさらに2時間半~3時間くらいあり、この時間が結構きついです。

ラスベガスからだと660kmくらいあります。

何人で車を運転するのかにもよりますね。

これをツアーのバスで行くとしたらレンタカーより時間がかかるし、かなりきついでしょうね。

 

アンテロープキャニオンは、是非予約をして行くと良いと思います。予約の要否と方法についてはこちら。

アンテロープキャニオン

これは見る価値ありです。

アンテロープキャニオンは太陽が上に来るお昼の12時がベストタイミングなので、この時間に確実に見れるように、Page(ペイジ)に宿泊します

Pageはアンテロープキャニオンのすぐ近くの町で、飲食店やホテルなどがあります。

 

この後夕日を見れる時間に間に合うようにグランドキャニオン国立公園に向かいます

夕日にオススメのビューポイントを選んでおきましょう。

私が選んでいたのはホピポイント

朝日は太陽が出てくるだけなので、グランドキャニオンが奇麗なのは夕日だと思います。

夕日で赤く染まるグランドキャニオンはものすごくきれいだ、と聞いていました。

その時間グランドキャニオンにいたのですが、連れの体調不良で夕日を逃しました…。涙

 

次の日ラスベガスへ戻り、ラスベガスからロサンゼルスへ飛びます。

ロサンゼルスではハリウッドはビバリーヒルズ、サンタモニカなどを観光し、日本へ帰るというプランです。

飛行機の予約は日本とラスベガスの往復便、ロサンゼルスとラスベガスの往復便という感じですね。

オススメの5泊7日プラン

ロサンゼルスの観光に興味がなく、グランドキャニオン周辺だけを考えているなら、下のようなプランがオススメです。

同じようにロサンゼルスでの乗り継ぎでラスベガス行きとなりますが、日数を減らせます。

プランmap3.png

飛行機は日本とラスベガスの往復便で予約することになりますね。

ホースシューベンドは思った以上に結構楽しめるので、ハラハラドキドキポイントで友人と一緒に写真でも撮ると良いと思います。

その他の観光ポイント

ウェーブ」という抽選に当たらないと行くことが出来ない場所があるのですが、これは諦めました。

ネットで抽選が出来るのでもし当れば是非行くと良いと思います。

現地でも抽選に参加できるのですが、行くことが出来るのは抽選に参加した次の日なのでその為に2日かけなければなりません。

wave.jpg
ウェーブ

この中を歩くことができるようです。

この自然のウェーブを保つために限られた人数しか入れないようにしているそうです。

 

ブライスキャニオンは上のマップのさらに北の方にあります。

BryceCanyon.jpg
ブライスキャニオン

グランドキャニオンとはまた違った形なので個人的には見たいのですが、ここに行くにはかなり時間がかかるのでやめました。

モニュメントバレーをやめてこちらに行くのもありだと思います。

グランドキャニオンに行くから行かなくてもいいかなって感じてしまいますよね。

時間に余裕がありいろいろ見たい人には良いと思います。

スポンサーリンク

計画の参考に 計画の記事一覧

これからプランを考える方の参考になったんでしょうか…??

ここまで読んでいる方だったらきっと参考になってますね?

ツアーで行くより自分で考える方が楽しいですよ!

その他、ためになるアメリカ旅行計画と実行に関する記事の一覧はこちら

アメリカ旅行の関連記事をどうぞ

アメリカ旅行「計画」と「実行」の記事は参考になると思いますので記事の一覧をどうぞ。