Amazonギフト券をギフルでお得にゲットする時の手順をスクショでご案内

私は現在ギフルからアマテンに乗り換えてます。

ギフルをやめてアマテンにした理由

ギフルのトップ画像

ギフルでは、「Amazonギフト券」、「iTunesカード」、「GooglePlayカード」、「LINEプリペイドカード」、楽天スーパーポイント、をお得に安全に、割引価格で購入することが出来ます。

そこで実際どのような手順で購入してギフト券を利用するのか、私が購入した時のスクショで紹介してみることにしました。

Amazonギフト券はアマテンも有名ですが、ギフルの方が安く購入出来るのでかなりオススメです^^

特にAmazonギフト券とiTuneカードは多く売買されており、いつでも割引購入が出来ます。

10,000円のギフト券が9,000円や、9,050円で販売されていることもあります。

※クリックで拡大します。

ギフト券の割引購入の流れ

ギフルは個人売買ですが、安全な取引きを可能にするためにギフルを仲介して取引きします。

直接販売者に料金を支払ってしまうと、万が一使用済みのギフト券などを掴まされた時に後戻りが出来なくなるからです。

日本最大フリマアプリの「メルカリ」のギフト券バージョンという感じですね。

購入したギフト券が偽物だったりした場合は販売者に料金が支払われないため、購入を安全にキャンセルすることが出来ます。

まずギフルに入金する必要がありますが、事前に決めた金額をギフルに入金しておくか、買うと決めたギフト券が販売されてからギフルに入金するのかを考える必要があります。

ちなみに私は「これを買う!」と思うギフト券が販売されてから、その金額ピッタリに入金することが多いです。

出来ればギフル内に余計なお金を残しておきたくないですからね。

ですがこの場合は入金に手間取っているとその間に別の方へ購入されてしまう可能性もあります。

(私はゆうちょのインターネットバンキングを利用していますが、振込後数分でギフルへ反映されます。)

割引率が高いギフト券は数時間で購入されてしまうので、定期的にギフト券を購入しそうな方や、お得なギフト券を絶対逃したくない方は事前入金がオススメです。

事前に決めた金額をギフルに入金しておくと、割引率の高いお得なギフト券を確実にゲットすることが出来ます。

これには後で説明しますが、アラート設定が便利です。

Amazonギフト券iTuneカードはギフルでアラート設定を利用しよう

ギフルに入金すると下の画像のように、「ご購入可能額」へ反映されます。

マイページ
※クリックで拡大します。

1.購入したいギフト券を見つける

参考
※クリックで拡大します。

欲しいギフト券を検索すると、割引率の高い順に表示されるのでとても分かりやすいです。

これは私が購入したときのAmazonギフト券ですが、もっと安い物が販売されることも良くあります。

この上の物で見てみますと、

  • 額面 : 10,000円  ギフト券の金額
  • 販売 : 9,150円   購入する時の金額
  • 2018/01/29 : ギフト券の有効期限
  • 91.5% : 割引率
  • 850円OFF : 割引額

といった内容です。

有効期限の記載がない物がまれに販売されています。

これは有効期限が不明なので購入したことがありません。

だいたいはギフルで販売されてから1年近く有効です。

現在はAmazonギフト券の有効期限が10年になり、かなり購入しやすくなりました。

91.5%ののギフト券が4点販売されており、3点購入することにしました。

30,000円分のギフト券を27,450円で購入し、2,550円割引された計算です。

Amazonの商品は普通に安いのに、3万円のお買い物で2,550円も割引されたらかなりお得じゃないですか?^^

この日、私が購入を終えた後に割引率90%のギフト券が販売されました(T_T)

1万円のギフト券が9千円です…。

それは即購入されたようですが、せめてこれ↓でも良かったですね。

90.3%で、2900円OFF。

※クリックで拡大します。

こういったお得なギフト券を逃さないようにアラート設定しましょうね。

購入するギフト券を決めたらまずチャージ(入金)します。

2.チャージする(入金)

ギフト券の一覧ページから「チャージ」というところをクリック。

事前にチャージのみしておく場合もやり方は同じです。

Menu」→「入金」からでもチャージできます。

ギフルが所有の銀行3つのうちどれかを選択します。

同銀行同士は振込手数料が無料になるので、同銀行があればそれを選択します。

※クリックで拡大します。

するとユーザーIDと名前が表示されます。

※クリックで拡大します。

画像の赤枠の部分に書かれています。

例  FDU****** ヤマダ タロウ

入金する時に、振込名義人の欄にこの「FDU****** ヤマダ タロウ」を入力します。

自分の名前の前にユーザーIDですね。

このユーザーIDの入力を忘れると入金がなかなか反映されず面倒です。

このIDを確認したら、ご自分の銀行で振込手続き(送金手続き)を済ませます。

上記3つの銀行からの入金の場合、24時間いつでもすぐにギフルに反映されます。

私は郵貯ダイレクトを利用していますが、日曜日の午前8時に入金して2~3分で反映されていました。

入金が済んで少し待つと、下の画像のように「ご購入可能額」へ反映されます。

ギフルマイページ
※クリックで拡大します。

9,150円の物を3点購入するので、ピッタリ¥27,450の入金です。

振込手数料もかかっていません。

これでギフト券を購入する準備が出来ました。

3.ギフト券を購入する

先ほどの目当てのギフト券ページへ戻り、「購入する」をクリックします。

チャージ」の部分が「購入する」に変わっているはずです。

購入する」をクリック(タップ)したら、次のページで再度確認の「購入」をクリックすると、取り合えずの購入が完了です。

※クリックで拡大します。

4.Amazonにチャージして問題がないかを確認する

購入をすると下の画像のように詳細が表示されます。

ギフトコードが表示されるので、購入したギフトコードをコピーしましょう。

※クリックで拡大します。

※画像はクリックで拡大します。

Amazonで確認」をクリック(タップ)すると、Amazonのギフト券チャージページへ移ります。

ここにコピーしたギフトコードを貼り付けし、「アカウントに登録する」をクリックするとチャージ完了です。

※クリックで拡大します。

問題なく登録することが確認出来たらギフルのページへ戻り、「取引き完了」をクリックして終了です。

万が一問題のあるギフトコードだった場合はエラー報告をすれば、料金は支払はずにキャンセルが可能です。

何度も利用している私は今まで一度もエラー報告をしたことがありません。

Amazonにチャージしたギフトコードの有効期限の確認方法

取引き完了報告をする前に念の為、ギフト券の有効期限が正しいか確認します。

Amazonアカウントサービスページへ行きます。

Amazonのホームページの右上に「アカウントサービス」リンクがあるのでそこからも行けます。

スマートフォン用のページではギフト券の有効期限を確認できなかったので、スマホの方はPC版表示へ切り替えて下さい。

アンドロイドの場合右上の3点マークをタップし、「PC版サイトを見る」をタップすればPC表示に切り替えれます。

※画像はクリックで拡大します。

お支払方法の設定の「残高・利用期限の確認」をタップします。

ここにギフト券の有効期限が書かれています。

※画像はクリックで拡大します。

3万円分のギフト券を割引購入出来ました^^

あまぞんギフト券チャージの様子
※クリックで拡大します

これでハイテク機種のスマホを33,500円でゲットしました(笑)

関係ありませんが、スマホの毎月の使用料もなんと2,000円以下です。

スマホについては後日また紹介したいと思います。

 

私は現在ギフルからアマテンに乗り換えてます。

ギフルをやめてアマテンにした理由